為せば成る、為さねば成らぬ、何事も

高校にて英語と音楽を教えています。「音楽」、「ダイエット」、「旅」と雑多なブログです。日々発信していきます。

ゼロからはじめる中国語の勉強法

你好!

 

先日まで中国にいたぼくですが、もちろん現地ではほとんど中国語を使って話していました。

上海くらいならまだしも少し上海を離れると英語は通じず、買い物など中国語が少しは出来ないと難しいと感じました。

 

ぼく自身は中国語を今年の1月くらいから勉強を始めて、3月に中国語検定の準4級と4級に同時合格しました。

それも両方とも9割の得点率で!

 

その後は特に検定は受けずにひたすら勉強だけをしているのでそろそろ次の級にも挑戦していきます。

 

せっかくなのでこの半年くらいの勉強をまとめてみることにします。

 

 

 

 

Hello Chinese 

HelloChinese - 中国語を学ぼう(単語、発音、会話、文法)

HelloChinese - 中国語を学ぼう(単語、発音、会話、文法)

  • HelloChinese Technology Co., Ltd.
  • 教育
  • 無料

 

参考書なども色々読んでは見ましたが勉強の中心に置いたのはこのアプリでした。

英語の勉強でも同様ですが紙媒体よりかはスマホアプリの方がぼくは勉強しやすいです。

理由は以下の2点。

 

スマホは常に持ち歩いてるから気軽

②音声をすぐに聞ける

 

特に②に関しては非常に重要で語学のキモは音声です。

今はほとんどの参考書がCDは付属していますがやはり取り込むのは手間だし、プレイヤーと本の両方を用意するとなると二度手間。

さらには一つのトラックの中に聞きたいものは数秒だったりするとそれを待つのももどかしい。

それが指先一つで簡単に聞けるのは大きなメリットです。

 

このHello Chineseは文法に関しても解説は丁寧だし、単語の収録数もビギナーにはちょうど良い量だし、かなり使えるアプリです。

何より基本的には無料であるのもありがたい。

 

英語以外の言語の参考書って結構高いんですよね…

 

 

Hello talk

 

HelloTalk ハロー トーク言語交換 学習

HelloTalk ハロー トーク言語交換 学習

  • HELLOTALK FOREIGN LANGUAGE EXCHANGE LEARNING TALK CHAT APP
  • 教育
  • 無料

Hello Cheniseで半分くらいレッスンを進めたら並行してHello Talkのアプリで中国人の友達を作りました。

特に日本語を学びたいという中国人は多いのですぐに友達が出来ます。

翻訳機能もついているのでいちいち辞書を引く手間が減るのもポイント。

ただ日中翻訳自体はあまり役に立ちません…

あくまで単語を調べるに留めておいた方がよいでしょう。

 

やはり無味乾燥な勉強ではなく、実際に相手がいて使う言語はやはり生の言葉になります。

 特に発音などは独学で一番難しいところになるので実際にネイティブの方に教えてもらっていました。

ただ、発音に関してはネイティブの方は直感的に理解をしていることも多いため、理論的にも参考書を併せて使用していました。

 

改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター

改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター

 

 

実際に中国に旅行した時に案内してくれる友達もできたのでお勧めのアプリの一つです。

 

検定対策

目標がない勉強はどうしても頭打ちになってしまうことが多いのでぼくは中国語検定を受けることにしました。

一番低い級は準4級なのですが受験地が遠いため、せっかくなので4級も同時受験することにしました。

 

 

CD2枚付 改訂版 合格奪取! 中国語検定 4級 トレーニングブック

CD2枚付 改訂版 合格奪取! 中国語検定 4級 トレーニングブック

 

 

 

CD2枚付 改訂版 合格奪取!  中国語検定 準4級 トレーニングブック

CD2枚付 改訂版 合格奪取! 中国語検定 準4級 トレーニングブック

 

 

 

こっちは基本的な勉強はもう受験勉強

問題集を繰り返します。 

あやふやだった知識も問題を解くことでしっかりと定着していきます。

 

検定の勉強は無味乾燥なものですが、なんだかんだ言って検定を持ってるというのは自分の実力を客観的に示すことができます。

履歴書にも書けるし。

 

 

 

というわけで基本的には上記の3つで勉強をしてました!

新しい言語を学ぶことは新しい文化を知ることでもあると思います。

この機会に新たに中国語の勉強を始めてみてはいかかでしょうか?

 

そんな感じ。

 

 

ブログを始めて1ヶ月。アクセス数と所感とか。

こんにちは。

いつもご覧いただきありがとうございます。

こうやってブログを始めてから1ヶ月が過ぎました。

 

読んでいただいてるみなさんにはいつも感謝しております。

一方で、もっと面白く、時にためになる記事が書けるようになりたいなと日々思っています。

 

1ヶ月ということで所感とか書いてみようかなと思います。

ブログをはじめる方の参考になれば。

 

アクセス数

まずはアクセス数ですが一ヶ月で端数を切り捨てて1000pvでした。

主なアクセス元はFacebookTwitter中心なのでほとんどが知り合いからのアクセスだとは思うのですが、ここ最近はGoogleやYahooの検索から見ていただいてる方もいらっしゃるみたいです。

おそらくこれから記事が増えるにつれて検索からの流入も増えていくのかなと。

 

よく読まれている記事

いちばん読まれている記事は音楽の教員免許取得に関しての記事でした。

stevekaufmann.hatenablog.com

こちらは非常にピンポイントな記事なのでニッチに需要があるのかなと。

読者が欲しい情報は何なのかを考えてリライトできたら良いですね。

 

最近だとこれもアクセス数が結構ありました。

stevekaufmann.hatenablog.com

こういった誰かがやるかもしれない失敗談などはネタとして良いですね。

ぼく自身は失敗ばかりの恥の多い生涯を送ってきましたのでこの手のネタには事欠かないので積極的に記事にしていきます(笑)

 

あとは英語ネタ。

stevekaufmann.hatenablog.com

こっちはアクセス数自体が多くないけど検索などから見てくれる人が多いのでこういった記事は増やしておくと長い目で見ると良いのかなと。

一番内容を濃くしたいジャンルではありますね。

 

逆にあまり目を集めないのはダイエット日記とか。

ダイエット自体に興味がある人は多いのでしょうが日記にはあまり関心が向かないですよね。

「何をして、どのような結果が出るか」という内容を月ごとにまとめて記事にしてこうかなと思います。

そういや、ダイエットも一か月。

 

文章力

やっぱり一か月ブログを書いてみて思ったのはもっと文章力が欲しいなということ。

ただの日記ではなく「読んでもらうブログ」を書くというのはやはり難しい。

読んでもらう人に何を伝えたいのか、読んでもらうと何が得られるのか。

つまるところは「共感力」というのが重要なのかなと個人的には思っています。

そのためには自分だけじゃなく他人がどう考えるのかもっとアンテナを張っていかないといけないなと身につまされます。

 

まとめ

ブログを書くようになって日々に過ごし方が少し変わったような実感を受けます。

「これはネタになるだろうか」と思うと逆境も楽しくなります。

この前の中国茶詐欺も「ネタにできる!」と思ったら不謹慎だけどワクワクしましたしね(笑)

 

文章の先にいる人のことを考えるというのはこれからも必要な能力の一つなのでしっかりと取り組んでいきたいと思います。

欲を言えば収益化できるところまで行けたら最高。

「労働からの解放」は一つのテーマでもあるのでそれは追及します。

 

まあ、あまり肩の力を張らず、気楽にやっていけたらと思います。

 

そんなかんじ。

はじめての中国一人旅 上海編

これの続きです。

stevekaufmann.hatenablog.com

 

飛行機の遅延のため7:30に浦東国際空港に到着しました。

 

 

浦東国際空港

この便だけが遅れていたようで広い空港でしたが人は少なくガラガラの状態でした。
ひとまずお腹も空いたのでご飯を食べれる場所を探します。
すると見慣れた看板が。

f:id:SteveKaufmann:20170815125752j:image

ひとまず、すき家に入り牛丼を頼みました。

f:id:SteveKaufmann:20170815125815j:image
17元だったので日本よりちょっと安いかな。
味は日本と変わらないけれども若干米が硬い気がしました。

そのまま隣のマクドナルドで油条とコーヒーを頼みます。

f:id:SteveKaufmann:20170815125838j:image
油条は中国版揚げパンです。
味はあまりついていません。
コーヒーが11元、油条が5.5元で合わせて16元です。
たぶん日本とあまり変わらないかな。

その後で喫煙所に行ったらドイツ人に話しかけられ談笑しました。
「アイコスを吸ってるから日本人だってすぐわかったよ」と言われました。
ドイツではアイコスを使う人はほとんどおらず、日本人とイタリア人しか吸わないと言ってました。
気が良くビールが好きそうなドイツ人でした(偏見)

その後は地下鉄に乗って陆家嘴に向かいます。
運賃は6元と安い。
一駅の間隔が非常に長く値段を考えるとお得に感じました。

 

東北明珠電子等~外灘観光トンネル

陆家嘴に着いたら東北明珠電子搭に行きます。

f:id:SteveKaufmann:20170815125904j:image
凄い人だかりで観光地って感じです。

登ろうかと思ったけど値段が少し高かったので見送りました。
1500元しか持ってきてないのであまりお金は使いたくないし、人混みも苦手なので。
それに綺麗な景色はきっと観る機会はいっぱいあるだろうし。

そこから川の向こう岸に行きたかったので50元払って外灘観光トンネルに入ります。

f:id:SteveKaufmann:20170815125929j:image

この小さな乗り物に乗ってトンネルをくぐります。
遊園地のアトラクションのような感じですが少しチープです。

地下鉄なら1元で済む距離を50元で行くちょっとした贅沢。
終わってしまえば贅沢するべきはここじゃなかったなとは思いますが…笑

 f:id:SteveKaufmann:20170815125954j:image

外灘

上海を代表する観光地の一つである外滩に到着しました。

f:id:SteveKaufmann:20170815130029j:image
人も多く観光地という感じです。

 

ここで中国人夫婦を名乗る2人組に話しかけられ、180元をぼったくられます。
いやー、初日からやられるとは誤算だった!
これに関してはこれだけで記事が書けるので細かいことは割愛します。

stevekaufmann.hatenablog.com


中国茶詐欺」で検索すると同じ手口で被害にあった方が結構いらっしゃるみたいです。

f:id:SteveKaufmann:20170815130108j:image

その相手に撮って貰った写真。
騙されるってのに良い笑顔してるね!

 

 

気を取り直してセブンイレブンに行き、コーラを飲みます。

f:id:SteveKaufmann:20170815130131j:image

3.8元なので日本より安かったです。

 

ホステル着

ひとまずユースホステルに向かい、チェックインを済ませます。
デポジット100元と言われたが先のことがあったので凄い疑心暗鬼になりました(笑)
もちろん100元はチェックアウト時に返ってきました。

お昼ごはんをホステル隣のお店に食べに行きます。
牛肉面 14元

f:id:SteveKaufmann:20170815130159j:image


青島ビール5.5元

 f:id:SteveKaufmann:20170815130219j:image


ホテルに石けんがないので7.3元払って石けんを買う。

 

豫園

ホテルに戻ってお湯が出ないシャワーを浴びて少し休みながらネットを観ていると豫园が16:45で閉まることを知ったので向かいます。
豫园も上海を代表する観光地の一つでたくさんの観光客で賑わっています。

f:id:SteveKaufmann:20170815130336j:image
ちなみに外滩に次ぐぼったくりスポットらしいです(笑)

豫园に行って入場料30元を払いました。
律儀に並ぶんだけどどんどん割り込みされます。
こういう時にぼくが日本人であることを実感します。

 

f:id:SteveKaufmann:20170815130413j:image

 

またホテルに戻って明日のホテルの予約を取ったりして夕飯に向かう。
近くのコンビニでまた3.8元のコーラを買ってから昼と同じ店に。

夕飯は培根炒飯にしました。

f:id:SteveKaufmann:20170815130522j:image
いい感じのボリュームで12元
三食食事をしてわかったけど中国って水出したりしてくれないのね。
でも、飲み物持ち込んでも何も言われない。
少し高い店に行くとまた違うんでしょうけど。

 

夜の外灘


夜は再び外滩を通ってジャズバーに向かいます。
夜の外滩は昼とはまた違った顔を見せてくれます。
f:id:SteveKaufmann:20170815130558j:image

まず、昼と比べてむちゃくちゃ人が多い!
そして可愛い女の子が多い!

 

ジャズバー


夜景と女の子を眺めながら歩くこと30分福州路を曲がった先に「HOUSE of Blues & Jazz」というお店があります。

f:id:SteveKaufmann:20170815130627j:image


予約の有無を聞かれ無いと言うとカウンター席に案内され、68元のコロナを注文。

 f:id:SteveKaufmann:20170815130642j:image

さっきのお茶より高いけど予め値段を言われてるから気にはならない!(笑)

Big ass brassというバンドの演奏があるので観てきました。

f:id:SteveKaufmann:20170815130807j:image
トランペット2人、トロンボーン、チューバ、ドラムという初めて観る編成でした。
特にジャズでチューバというのは初めてだったのですがベースの役割果たしてるんですね。
もちろんみんなメチャクチャ上手い。

22:30くらいに演奏が終わり00:45から次のステージがあると言ってたけどさすがに体力の限界を感じて帰ることにしました。

f:id:SteveKaufmann:20170815130841j:image
入り口でトランペット吹いてた方と記念に写真を撮ってもらいました。

 

魯迅公園へ 

翌朝は9:30にチェックアウト。

今日は魯迅公園に向かいます。
3キロくらいなので歩いて向かいます。
道中で朝ごはんを買います。

f:id:SteveKaufmann:20170815131008j:image
1.5元。
安い、美味い。

 

 

魯迅公園の前で绿豆汤を買います。

ぼくの中国語が拙く、出てきたのはミルクティーでした。

f:id:SteveKaufmann:20170815131102j:image

 

魯迅公園に入り、まずは魯迅さんにご挨拶。

f:id:SteveKaufmann:20170815130935j:image
歩いているとサックスを吹くおじさんがいました。

f:id:SteveKaufmann:20170815130712j:image
ブラックラッカーのカッコいいサックスで基礎練習してました。
少しだけお喋りしたんですけど毎日ここで吹いてるそうです。
来月に長崎に来るらしくちょっとだけ日本語で喋ってくれました。
英語は全く通じませんでしたがお互いカタコトの日本語と中国語でなんとかコミュニケーションが取れました(笑)

 

魯迅公園から出てさすがに疲れたので虹口足球场から3元払って上海火车站に向かいます。

 f:id:SteveKaufmann:20170815130913j:image

ここから南京に向かいます。

続く。

上海の外灘で「中国茶詐欺」と呼ばれるぼったくりに遭った話

観光地。

多くの人が集まるそこには旅に浮かれ気が大きくなっている観光客がいる。

今回はそんなネギを背負ったカモを小狡く狙う人たちの話。

 

自分がカモになるとは思ってもいなかったけどね!!!

 

2017年の8月の休暇に上海の有名な観光地である外灘に行きました。

f:id:SteveKaufmann:20170815152118j:imagef:id:SteveKaufmann:20170815152323j:image

昼も夜も綺麗な景色を見ることができるので観光客で溢れています。

 

そこで外灘観光トンネルから出て川に沿って景色を眺めながら北に向かって歩いていると2人の夫婦に話しかけられました。
40代〜50代くらいだったかな。
中高生くらいの子どもがいそうな感じ。

 

中国語で最初は話しかけられたのだけど慣れない中国語を喋ると英語にシフトされました。
写真を撮って欲しいというので快諾して男性のスマホを借りて東方明珠塔をバックに写真を撮りました。
さらにぼくの写真も撮ってくれるというのでスマホを貸して写真を撮ってもらいました。

f:id:SteveKaufmann:20170815131649j:image

 

彼ら自身も荷津(北京寄りの場所らしい)から来て観光中だと言ってたのでここでは怪しいとも思わずに会話をしていました。
すぐ近くに外白渡橋って有名な橋があるらしいよと言われて一緒に観に行くことに。

 

f:id:SteveKaufmann:20170815131610j:image

数10メートル歩くと橋があって彼らが持ってる観光パンフを見ながら紹介をしてもらいました。
この説明は至極真っ当でここでは感謝の気持ちで話を聞いていました。

そのままパンフに中国式の茶道の記事があり、この近くにも中国茶のお店があるみたいだから一緒に行かないかと提案があったので快諾。
お店までの道中では仕事の話や歴史について話をして内容も学がある人のソレだったので怪しい人だとは全く疑えず。

 

お店に着くと椅子に座らされ店員さんがお茶を紹介しながらお猪口に入れてくれます。
とても速い中国語だったので全く聞き取れず一緒にいた夫婦が説明をしてくれます。

その説明も至極真っ当で中国茶の作法とか歴史とか夫婦が説明してくれるの。
調べないとわからないけどその説明はホントなんだろうなと思う。
お茶やお店の写真を撮っても良いか尋ねるとそれはダメと言われる。
ちょっと不思議な気持ちになる。

 

お猪口くらいのお椀だからすぐ飲み終わっちゃってどんどん次のお茶を入れてきます。

しかし。3杯目を飲んだ時にふと値段が気になり、値段を尋ねました。
「しまった!」という顔をされたのでこの瞬間に怪しさがマックスに。
しつこく値段を尋ねると店員さんがメニューを出してくれ、そこには一杯50元、サービス料30元と書かれていました。

すでに180元(3000円くらい)、これ以上金を使うわけにはいかないと思ったぼくは慌ててそんなにお金は無いからここまでにしておくと言いました。
色々勧められたがホテルのチェックインの時間も迫っていると話し、店を出ました。

 

実際に50元のお茶もあるし、不思議な金額では無いのだけど最初に値段を提示されず、後からメニューを出されるのもおかしいなと思って後からネットで検索すると… 

 

anond.hatelabo.jp


あるある!
まんまコレだよ!

 

流れがほとんど一緒。

むしろ180元で済んだのは不幸中の幸いでした。
3杯目で気にならずそのままでいたらドンドン請求額が高くなっていたわけですね。

 

ネットで検索すればいっぱい出るのにそこまで情報を集められなかったのは完全にぼくの準備不足でした。

ニューヨークに行った時もメガネ詐欺に遭いかけたました。

 

d.hatena.ne.jp

 

この時は払わずにやり過ごしたけどこれを学習出来てなかった。


悔しいのはこの一件があるからこれ以降話しかけてくる中国人みんなが怪しい人に見えてきてしまったこと。
ホントは悪い人なんて一握りなのにね。

「悪い人は怪しさを持って近寄ってこない」ということを身を以て感じた一件でした。

カタコトの日本語で「オニイサン、マッサージ〜」なんて声かけられたらまだ警戒出来るんですけどね(笑)


皆さまもご旅行の際はお気をつけください。

 

そんな感じ。

 

はじめての中国一人旅 出発編

你好!(こんにちは!)

今天天气很好啊。(今日は良い天気ですね。)

 

昨日まで台風の影響で大雨が降り、今朝も仙台では雨模様だったのですが南下するにつれて天気が良くなってきました。

那須高原に入る頃には気持ち良い青空が見えました。

f:id:SteveKaufmann:20170809141608j:image

 

そんなこんなで今日は出発です。

 

両替をする

16:30に新宿に着いたのでまずは新宿駅南口から出たところにある大黒屋にて円を人民元に変えます。

ひとまず三万円を人民元に変えます。

2017年8月9日現在では手数料込みで1元=18.92円のため1500元なりました。

約5日間の旅ですが1500元を使い切らないことを目標にします。

f:id:SteveKaufmann:20170810031925j:image

 

 

 

羽田空港に向かう

およそ23時くらいまで高校時代の友人と過ごし別れた後に電車で羽田空港に向かいました。

品川で京浜急行に乗り換え羽田空港国際線ターミナルへ向かいます。

22時30分ごろに到着し、チェックインまで2時間くらい余裕があるので空港内をぶらぶらして過ごします。

f:id:SteveKaufmann:20170810030719j:image 

入り口。

f:id:SteveKaufmann:20170810030736j:image

外のラウンジにて。

f:id:SteveKaufmann:20170810030828j:image

飲食店街。

f:id:SteveKaufmann:20170810030852j:image

日本橋

 

 

 

まさかの遅延

1時が近づいてきてチェックインに人が並び始めたのでぼくも並ぶことにしました。

 

ところが急に看板が立てられました。

 

f:id:SteveKaufmann:20170810031116j:image

台風の影響か!?

 

諸葛亮が南東の風を起こしてきたか…

 

この後ぼく黄蓋にボコボコにされるの?

 

烏林に逃げるにも逃げる船が無い。

 

f:id:SteveKaufmann:20170810031242j:image

 

1時間くらい待ったんですけど、その間は欠航になったらこの一週間どうやって過ごそうか真剣に考えてました(笑)

なんとか1時間も待つと出航のアナウンスがあり、2時間遅れの4:45分に出発することに。

 

f:id:SteveKaufmann:20170810031904j:image

 

その後は何事も無く手荷物検査と出国審査を終え、搭乗しました。

まさかの深夜便が早朝便になったことは予定外ですが向かうでのスタートが午前5時から午前7時に変わったと考えると行動しやすいのかもしれません。

 

何はともあれ、眠い。

初日は徹夜明けのテンションで上海です。

 

 

 

 

はじめての中国一人旅 準備編

你好!

前回の記事にて中国に10日から15日まで行くと書きました。

 

stevekaufmann.hatenablog.com

 

 

 

今回の記事では自分の忘れ物チェックの意味も込めて持ち物を書いていきます。

 

リュックサック

パスポート

財布

iPhone

充電器

モバイルバッテリー

下着(5着)

靴下(5足)

Tシャツ(5着)

短パン(2着)

頭痛薬

歯ブラシ

中国人友人へのお土産

 

以上!

 

超軽装です!

必要感じたら現地で揃えます。

パスポートさえあればなんとかなる!

たぶん!

 

 

ちなみに中国人友人にはお土産は何が良いか聞いたら「北海道ご当地ラーメンセット」と「カルビーポテトチップス(パクチー味)」と言われました。

見つかるかな…

 

はじめての中国一人旅 動機編

你好!(こんにちは!)

好久不见了!(お久しぶりです!)

 

最近、何かと忙しなく更新を怠ってきたのですが、ダイエットの記録自体はちゃんと続けてます。

もう毎日じゃなくて一週間まとめたほうが良い気もしてきました…

そんなサボタージュ気味の中、またしばらくサボタージュします!

ついでにダイエットもサボタージュします!

 

というわけで8月10日から15日にかけて中国に旅をしてきます。

10日の午前2時に羽田を発ち上海に向かい、15日の午前2時に上海から帰ってくるという時差はないのに昼夜逆転しそうなスケジュールで行ってきます!

 

なんでまた急にぼくが中国旅行を思い立ったのか!?

それを今回は書いていきたいと思います。

 

 

航空券が安かった

一番の理由はこれです。

「夏にどこか安く旅でも出れないかな」とか考えてたんですよ。

それでたまたまPeachのサイトを見て適当にお盆の日程とか入れてみたらあったんですよ。

 

 

往復23220円

 

「メッチャ安!」と思いましたよね。

実家に新幹線で帰るより安いですからね。

 

そんなわけで今年の夏は「実家に新幹線で帰ったつもりで中国に行く」ことに決めたのです。

 

 

友達に会いに行く

今年の2月から「Hello Talk」ってアプリを始めたんですよ。

HelloTalk ハロー トーク言語交換 学習

HelloTalk ハロー トーク言語交換 学習

  • HELLOTALK FOREIGN LANGUAGE EXCHANGE LEARNING TALK CHAT APP
  • 教育
  • 無料

 基本的には無料で海外の人と知り合って相互に言語学習しましょうっていうアプリ。

LINEのような感じでメッセージやりとりしたり、通話したりできます。

 

1月くらいに中国語を始めてみたのですが、発音とか独学じゃ難しいこともあってこのアプリを通して知り合った人たちに教えてもらってました。

みんな優しくて毎晩通話に付き合ってくれるんですよね。

英語圏の人ともいっぱい話したかったのだけど中々時差の関係で予定が合わなかったりして。

中国圏の人は時差といっても1時間なので非常にお互いに都合がよくしょっちゅうやりとりをしています。

 

やりとりの中でよく「我会带你去玩儿的!(面白いとこ紹介するよ!)」なんて言ってくれるので本当に出向いてみようかと思った所存です。

 

そんなんで旅の内容はノープランです。

観光名所はおろか泊まるホテルすら決まっていません。

現地に行って、知り合った人たちに言われるがままに旅をする!

 

おんぶにだっこですね!

 

 

中国語の勉強

先にも書いたように今年から中国語の勉強を始めました。

なんとか中国語検定の準4級4級には合格(それも9割くらいの得点率で)できました。

とはいえ、まだまだ勉強が必要なレベルだし、もっともっと勉強しないと「使える」ってレベルにはならないなぁという実感があります。

今後の学習の動機付けにも一度行ってみるのもいいかなと思ったところです。

10月には中検3級受けたいし。

 

中華料理食べたい

ぼく中華料理大好きなんですよ。

東新宿に住んでた時はここ。

retty.me

亀戸に住んでた時はここ。

r.gnavi.co.jp

週に1回は必ず通ってました。

 

あと中華一番は大好きな漫画の一つです。

 

好きなシーンは5巻のシロウの「乳輪なら見えるよ」です。

 

 

新しい世界を見たい

実感したのは最近なんですけど自分がみている世界って広い世界の中のほんの一部にしか過ぎないんですよね。

海を越えるとまた別の世界があって、そこには価値観も何も違う人たちがいて、僕とは違う軸で生きている。

その世界や価値観が自分と相いれるものかはわからないけど、それでもぼくは新しい世界がみたいと思うのですよ。

中国に限らずもっとたくさんの場所に行ってみたいですね。

きっと世界は美しい。